ロゴ

Useful items

テレビアンテナがあるお陰!生活を豊かにするアイテム

テレビアンテナってどんなものなのか

テレビアンテナには屋外用・室内・屋外兼用のものがあり、アンテナを設置しないとテレビが映らないので設置が必要になります。また、テレビアンテナを設置する場合には向きによって映らないということもあります。その他にも、対応アンテナにも色々な種類があり、地デジはUHF、衛星放送はBSかCSになります。

テレビアンテナの種類と特徴

一般的な八木式アンテナ

八木式アンテナはUHFアンテナになり、一般的な家庭でよくみられるタイプで魚の骨のような形をしています。設置する場合には高い位置にするので電波は受信しやすくなっています。この種類は規格が豊富にあり、電波の状態が強電界・中電界・弱電界の地域でも可能です。

壁に設置する平面アンテナ

平面アンテナはUHFアンテナになります。形は平面上になのでフラットアンテナと呼ばれることもあり、設置する場合には壁面に行うのですっきりとしています。また、建物の景観を損ねることはないのですが、取り付け位置は低くなります。その他にもブースターが必要になることもあるので確認しておきましょう。

手軽な室内アンテナ

室内アンテナはUHFアンテナになります。室内アンテナなのでコンパクトで、設置工事が必要ありません。設置も手軽にできるのでコストが削減できるという魅力でもあります。室内にある電波受信状況が安定しないので、電波が弱い地域は避けたほうがいいかもしれません。

通信衛星のCSアンテナ

通信衛星を利用する場合に必要になるアンテナです。一般的にはケーブルテレビ・マンションなどの集合住宅で利用されており、一般家庭でも放送法が改正して見ることができます。電波の出力は放送衛星に比べると小さくなります。また、現在はスカパー・スカパープレミアムサービスになります。

放送衛星にBSアンテナ

BSデジタル放送を見るときにはBSアンテナが必要になります。アンテナの向きは南西向きになり、晴天にの14時から15時に太陽が見える場所にパラボラアンテナを設置をします。集合住宅の場合にはすでに共同アンテナが設置されていることがあるので、その場合にはアンテナの設置は必要ありません。

電波の弱さを改善しよう

電波状態が弱いという場合は、アンテナの向きが悪い場合です。向きは周囲の家と同じ向きに調整して改善されます。それ以外の要因としてはケーブルとの接触が悪い・設置場所が違うという場合があります。アンテナからテレビまでの距離が遠いという場合です。しかし、ブースターを設置することで改善されることがあります。

[PR]エクステリアリフォーム依頼を!
素敵なお庭を手に入れよう♪

[PR]アンテナ工事を!
高画質なテレビを楽しもう♪

アンテナの種類を知って快適にテレビを観よう

作業員

アンテナの修理や撤去は専門業者に頼もう

アンテナの寿命は8~10年といわれており、アンテナを壁面に設置したほうが屋根・ベランダに設置すよりは長持ちしやすいといわれています。もし、風・雨・台風・劣化による故障などで映らなくなってしまった場合には、専門業者に修理をしてもらうようにしましょう。また、不要になったアンテナは放置せずに撤去を専門業者に依頼をしましょう。

工事の流れを知っておこう

アンテナ工事をする場合には最初に現地調査を行い、見積もりを出します。次に、アンテナを設置工事をして、レベルの測定・確認を行います。電波が少ない場合には増幅器を設置することもあります。その後、分配機の設置・配線を各部屋に行い、テレビ端子・チューナー・テレビをつないで、映像が映るかどうかを確認をします。

専門業者は比較して決めよう

アンテナ工事を行う場合には専門業者に依頼します。その時に見積もりを出してもらいましょう。見積もりで費用が安いからといってそこに決めるのではなく、親切な対応・疑問点などもわかりやすくきちんと説明してくるかということも確認してから決めるようにすると良いです。見積もりを依頼するときには複数のところに依頼して比較検討をするようにしましょう。

専門業者を探すときには施工方法などの情報を知っておこう

アンテナを設置する場合には電波に関して広い知識が必要になります。見積もりを出してもらうだけでなく、施工方法などの情報も確認するようにしましょう。また、損害補償保険の加入の有無なども、専門業者を探す場合にはチェックをするようにしましょう。